抵抗力や免疫力について

若年層で感染症のひとつである結核に対抗できる抵抗力、すなわち免疫力を保有しない人々の割合が高くなったことや、早合点のために診断が遅れることが原因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が多くなっているようです。
肝臓をいつまでも健やかにキープするためには、肝臓の解毒する作用が下がらないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓の老化対策をコツコツと実践することが重要だと言われています。
2005/02/01から特保(特定保健用食品)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す文章の表記が義務となっている。
ストレスが蓄積してしまうメカニズムや、簡単なストレスケア方法など、ストレス関係の適切な知識を持っている方は、現時点ではまだ少ないようです。
突然発症する急性腸炎は、通常は腹痛・悪心・嘔吐・下痢を伴う位で済みますが、バイ菌の感染によるものの場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度以上の高熱が出るのが違いです。

最大の内臓である肝臓に脂肪やコレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、糖尿病などの多様な健康障害の合併症をもたらすかもしれないのです。
軽い捻挫だろうと勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングで適当に固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を済ませたらすぐに整形外科の医師に診てもらうことが、結局は完治への近道となるのです。
大多数の人に水虫=足、中でも足の裏に現れる病気だと勘違いされやすいのですが、白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、全身どこにでも感染するという危険性があります。
季節性インフルエンザのワクチンでは、膨大な研究結果として、ワクチンの効果を予想できるのは、注射の2週間後から150日間位ということが分かりました。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変化がないのに、体重が食物の摂取や排尿などによって一時的に増減する際は、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が上がるのです。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素の円滑な創造活動を促しているかもしれないという真実が見えてきたのです。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染によって生じるウイルス感染症であり、免疫不全を招き些細な病原体が原因の日和見感染やガンなどを併発する症候群そのものを指し示しているのです。
塩分と脂肪分の摂り過ぎを控えて続けられる運動に努め、ストレスを蓄積しすぎないような生活を続けることが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め防止する知恵です。
チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査のデータをみると、成人に比べて体の小さい子供のほうが漏れてしまった放射能の良くない影響をより受けやすいことは明らかです。
現在のオペ室には、御手洗や器械室(apparatus room )、準備室を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、近辺にレントゲン用の専門室を作るのが通例である。