ポリフェノール

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)という有機硫黄化合物が、肝臓が分泌している解毒酵素自体の生産活動をサポートしているという因果関係が判明してきたのです。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、数多くの研究によって、注射の予防効果を期待できるのは、ワクチンを注射した約2週後からおよそ150日位だろうということです。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する効果を持つナイアシンは、辛い二日酔いに極めて効果的です。宿酔の因子といわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解に関わっているのです。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気でなくても現れることがあるため重大な病とは限らないのですが、例えば発作が継続して起こるケースは危ないといえます。
最も大きな臓器である肝臓に脂肪やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん)は、糖尿病に始まるいろんな病の誘因となる恐れがあることをご存知でしょうか。

気分障害の一種であるうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの辛い症状が現れ、2週間以上続きます。
内臓脂肪症候群であるとは断言されていなかったとしても、臓器に脂肪が多く付く型の悪質な肥満が存在する事によって、重い生活習慣病を招きやすくなります。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを防御し、様々な覚醒などをコントロールしており、大鬱病に罹患している人ではその作用が低下していることが判明しているのだ。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人の体内の脂肪の占有している%のことで、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算で調べられます。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も多い中耳炎で比較的子供に多く起こる病気です。耳の痛みや38度以上の高熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(耳だれ)などのありとあらゆる症状が出現するのです。

常識的には骨折に至らない程度のごく弱い力でも、骨の決まったポイントだけに幾度も繰り返し継続的にかかってしまうことにより、骨折することもあるようです。
トコトリエノールの働きは酸化を遅らせる機能が殊更知られていると思いますが、更に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑えるということが知られています。
今時のオペ室には、W.C slimming capsule.や専用の器械室、準備室を作り、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を備えておくか、そうでなければ近距離にその専門室を用意するのが慣例である。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、正常なら体をガンから守る役目を担う物質を生成するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合で発病してしまうということが分かっています。
もしも検査で実際に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(POF)と判明した場合は、不足している女性ホルモンを補ってあげる治療で治すことができます。